先日、株式会社DYM(ディーワイエム)についてこんなニュースが上がった。

■タイの王室保養地で、日本人20人が全裸狂乱事件…国際問題に発展、タイ国内が騒然
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14245.html

タイとの国際問題になるほどの乱痴気騒ぎを起こしたのが、株式会社DYM(代表取締役・水谷佑毅氏)であり、最初は紙一枚レベルの謝罪文程度で済ませたという体たらくだ。

挙句の果てには、この大失態の風評被害対策を自社で行い、このニュースを取り上げたブロガーやニュースサイトに脅しまがいの行為を行い、無理やり削除をしたということだ。以下が代表的な記事である。

■タイ全裸の株式会社DYMが評判の隠蔽に使った7つの手法
http://webweb.jp/blog/seo/dym-reputation/

■株式会社DYM、タイ全裸事件を書いた個人ブログに圧力!グーグル検索結果も隠蔽して再び炎上へ
http://blog.esuteru.com/archives/8563506.html

■はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/entry/webweb.jp/blog/seo/dym-reputation/

私が、記事を書いた理由の一つだが、これはとても興味深い事件である。何故かと言うと、散々WEB上の情報を改ざんしてきたりコントロールしてきたサービス会社が自社のための風評被害の隠蔽対策を白日のもとにさらされ、抗議されているからだ。

これはネット社会における民意の反映の一つであり、クラウドが主流になってきたIT業界において闇の一つが暴露されているからである。

実は私も以前、株式会社DYM(ディーワイエム)主催の交流会に出向いたことがある。そこは経営者のみ参加という条件であったが、株式会社DYM(ディーワイエム)は主催を良い事に営業マンを参加させ、名刺交換をさせ、営業活動の場にしていたのである。私は知り合いの付き合いで参加したのだが、純粋な経営者の交流の場として阻害される。それはセグメントを無視した行為だからだ。

それからはもちろんだが、とてもしつこい勧誘と営業に悩まされた。連絡停止を申し出ても不誠実な対応をされるばかりだ。この様な手法を、経営者を集める場で行う彼らの精神性を疑ってしまう。それ以来、この会社についてあまり良いイメージは抱いていなかったが、やはりスキャンダルを起こしてしまい、案の定スキャンダル隠しで炎上を引き起こしてしまうという事態を招いた。

この事件においての彼らの営業損失はとても大きいだろう。ただし、この事件を元にもう一度襟を正して欲しいと思う。多くの社員を抱え、社会に影響を与える様な会社はより社会貢献をしなければならない。それはただの利益追求行為とイコールではない。

利益だけを追求する行為を行っていくから、社会から見放される。このトラブルを元にもう一度自分達の行為や精神性を見直し、会社自体から変わって欲しいと切に願う。

Comments are closed.