メビウスの輪

Posted 11月 12th, 2012 by admin

メビウスの輪メビウスの輪(メビウスのわ、Möbius loop)とは、帯状の長方形の片方の端を180°ひねり、他方の端に貼り合わせた形状の図形の事を言う。
数学的には向き付け不可能性という特徴を持ち、その形状が化学や工学などに応用されているほか、芸術や文学において題材として取り上げられることもある。

(上記:wikipediaより出展)

メビウスの輪とは、ドイツの数学者アウグスト・フェルディナント・メビウスの名に由来する。
メビウスの輪単体で無限を意味する実に興味深いものだが、
このブログの名前は人間の輪廻転生に際して、メビウスの輪を比喩する形で名づけている。

とはいえ、私自身はそれほど文学的な人間ではないが・・・(笑)
化学も永遠に解き明かされない事実に如何に迫るかという哲学がある。
その時は回帰するのではなく、メビウスの輪を切り裂く事になると思うが、
切っても切っても輪っかが切れないのがメビウスの輪であり、
そこから物事や真理が派生していくという面白い比喩となり得る。

言葉遊びだけでも、単なるひねっただけの円が面白い言の葉になり得るのだ。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.